Ware Wood Work Blog

Ware Wood Work Blog

平成27年 夏の器而庵茶会

器而庵茶会も10回を数えることになりました。
これも皆様の御来庵のおかげと感謝いたしております。

拝啓
立夏の候、皆様におかれましては
益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。
さてこのたび裏千家境宗貞先生を器而庵にお迎えし
御茶一服差し上げたく存じます。
つきましては万障お繰り合わせのうえ
ご参会くださいますようご案内申し上げます。
皆様のご来駕心よりお待ち申し上げております。
 
             器而庵代表 辻 徹

日時 平成27年6月7日(日)
時間 11時、13時、15時、お席入り 各席7名まで
場所 器而庵 茨城県久慈郡大子町大子624
会費 6000円(懐石、濃茶、薄茶)
予約 090-2553-6477(辻)まで
   またはメール、フェイスブックなどでもどうぞ


まずは立礼で懐石

茶会


正座して濃茶

茶会


立礼に戻って、なごみながら薄茶

茶会
 

大子ふるさと博覧会

連休を前に暖かさも増して、初夏の気配が感じられます。
今年の連休中も(2日〜6日)、大子ふるさと博覧会、開催されます。
ぬくもりのあふれる大子町にぜひお越しください。

2日には大子百円商店街も同時に開催されます。
器而庵では好評をいただいています手づくりケーキと、
お抹茶一服を百円でお出しいたします。

それに合わせて、店内に五月人形を飾りました。
なんと自分が子供の時の兜飾りです。
15年ぶりぐらいに梱包を開き、2時間ほど悪戦苦闘…。

場所がいいからか、今までで一番立派に見えます。


五月人形


こちらは鳴弦の人形と、兜の手ぬぐい。


五月人形

どうぞお待ちいたしております!!!


 

製品撮影

新しいウェブやパンフレットのために、器而庵で撮影です。

ディレクションは原忠信先生、
カメラマンは大谷健二さん。
料理盛り付けは私が担当いたしました。

椿皿に椿餅、けんちん椀にけんちん汁、王道です。
と言いながらすごく難しかったです。
事前にイメージトレーニングはしたのですが…。


撮影

撮影


1時には前半の部を終わらせ、ご飯とみそ汁、けんちん汁と湯葉、椿餅は
みんなのおなかの中へ!

シガーロスを聞きながらゆったりとしたランチでした。
柚子の香りが特別な時間をつくってくれます。

後半はメインの撮影、漆の割板皿に前菜三種盛り。
そのあとに漆の撮影、へらで漆をたらすのですが、予想以上につかれた〜。


撮影


こうご期待!

大子のカフェコン in Xmas

大子のNPO法人、まちの研究室主催によるマチコン
『大子のカフェコン』が12月20日の夜開催されました!

何とか協力できればと思い、急遽器而庵も会場に!
ということはワインバーでしょということで、
限定2時間だけのワインバーキジアンになりました。


マチコン


今回はおつまみメニューのみで、ひとつはイチジクと枝付レーズン。
そしてもうひとつは水戸のメゾンベニコさん特製のアップルパイ!
漆の椀や皿に盛りつけています。

この日のために準備していただきました。
さすがに知っている方も多く、おいしいと大好評でした。


マチコン

マチコン


冷たい雨が降っておりましたが、中はとても賑やか。
ワインやシードル片手にBGMが聞こえないほどでした。

そして、昨年に引き続き
八郷の清水君の(工房の名前が出てこない…)モミの木、ライティングしてます。
 

冬の器而庵茶会

器而庵茶会、おかげさまで無事に終了いたしました。
御来庵いただいた皆様、そしていつもながら境先生、奥様、ありがとうございました。

今回もすばらしい懐石料理でした。
料理の数々は境先生のブログへどうぞ。


器而庵茶会


炉縁は白檀塗の金、風炉先は銀箔なのですが、渋く決めました。
薄茶もガラスの水指など、華やかながら落ち着きがあります。


器而庵茶会


次回はいよいよ10回目!
継続は力なり!

骨董品級の(made in USA)パーフェクションストーブ。
心が温まります。


器而庵茶会

 

茨城×バーニャカウダ 発表会

11月13日、器而庵にて大子漆皿と笠間焼のバーニャカウダ発表会が開催されました。

招待した方は大子町町長をはじめ、県の農林水産部関係者の方々などなど…。
野菜は大子軍平六農園の根菜と葉物。

半数以上の方は初めてバーニャカウダをいただきました。
アンチョビのソースももちろんですが、カブや赤大根などおいしいこと!








夜はワインバーをひらいての、交流会となりました。








器而庵の厨房でリゾットの米を炒める眞中さん。
おいしかったです! ありがとうございました。


 

ブランディングワークショップ

筑波大学の原先生をお迎えし、
器而庵のブランドを再確認するワークショップを開催しました。


WS


参加者は筑波大学の学生3名、
うつわや季器楽座の山口さん、
漆掻きの岡さん、

イメージの前にキーワードのワークショップもあったのですが
集中していて写真を撮るのを忘れていました。
硬くなった私の頭を通り越して、皆さんのイメージは広がります。

最初は苦手だなーと感じていたのですが、さすがに計算されたワークショップ!
器而庵のイメージはこんな風になりました。


WS


WS


これからの展開も楽しみにしています。


 

いばキラTV、林家まる子さん

いばきらTV、こんにちは茨城、の撮影がありました。
リポーターは林家まる子さん、
ディレクターはあのカミスガ映画の監督、大内さんです!

今回は大子町の中でも、袋田の滝、ゆばの里と、器而庵の3か所だけだそうで、
責任重大です。配信は8月20日、どうぞお楽しみに。


いばきら


ぎこちないピースサイン…。
いつも終わってから、あれを話したかった、これを話したかったなあとか反省してます。


いばきら 



もうひとつ、県の商工労働部から夏のパンフレットができています。
名工ではないけど、名工を訪ねるという記事になりました。
機会がありましたらご覧ください。


いばきら

ワインバーキジアン 終わりました

おかげさまで、第2回となりましたワインバーキジアン、
無事に終了いたしました。
ご来店くださった皆様方、ありがとうございました。

あいにくメインの百段階段キャンドルナイトは雨で延期となってしまいましたが
楽しい夜を過ごさせていただきました。


ワインバー


ワインバー


食材をいただいた方々も本当にありがとうございました。
サニーサイドキッチンの小さなパンも初日で売り切れてしまいました。

今年のバーニャカウダはインボッカアルーポの清水君の皿に乗せて。

ワインバー


そして土曜日には、カサマハロの皆さんがウクレレのライブを!!!
総勢8名の皆さんに来ていただきました。
事前の告知がうまくできなかったこともあり
お客様は少なかったのですが、ゆるやかな非常に楽しいライブでした。

ワインバー、次回があるかどうかは今のところわかりません…。


ワインバー

器而庵茶会 無事に終わりました

雨が続き脚もとの悪い中でしたが、器而庵茶会、終了いたしました。

お越しいただいた皆様、ありがとうございました。楽しい時間でした。
そして境先生、奥様、お世話になりました。ありがとうございました。

今年は壁に腰張りの和紙を張り、炉蓋も松の大きな節のある板で制作し、
最後にぎりぎりで薄板風点心膳が間に合いました。
昨年から6月の開催になり、夏らしいさわやかなものをと考えていたので
今回は木地のすがすがしさを感じていただけたと思います。

残念ながら、そんな道具たちの写真はありませんが
私が濃茶のお点前をしているところです。

お恥ずかしいことに袖口をひっかけて破ってしまい、
白い襦袢の袖が見えています・・・。


茶会


立礼の薄茶は境先生のお点前です。


茶会


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

PR

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM