Ware Wood Work Blog

Ware Wood Work Blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.05.02 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

金継ぎ

今日はロマンスカーに乗って、箱根に行ってきました。

箱根名物そば はつ花に展示してある
浦口雅行さんの作品を金継ぎ補修するためです。

それにしてもこのはつ花の自然薯と卵だけでまとめたそば、
とてもおいしくいただきました。

茨城の蕎麦がそば粉の香りを追求したストイックな蕎麦だとすれば
はつ花の蕎麦は、はなやかさが引き立つ蕎麦でした。


青磁


はつ花

土曜日の夜、久しぶりに雪が積もりました。

遅くまで仕事をしていたのに気がつかず、
帰るときにびっくりしてしまいました。

15センチぐらい。

北海道生まれの私としては、とてもうれしいです。
タイヤもスタッドレスに替えていたので、ヤッターって感じでした。

しかし残念ながら、子供と遊ぶこともなく、
この写真を撮った後、工房で仕事をしておりました。


雪の工房

街並

視察研修でまたもや中部地域に行ってきました。

今回は犬山市と名古屋の四間道、瀬戸の古い地区を訪ねました。

昨年の長浜もそうでしたが、歴史の厚み、素材のクオリティーの高さが
関東の田舎とはまったく違います。
どこもきちんと整備されていて、うらやましい限りでした。

さて、我々の茨城県では・・・?


犬山城に続く道


犬山


名古屋駅近くの四間道。
ほとんどがレストランなど素敵な空間に生まれ変わっています。


四間道


瀬戸の古い窯場

窯垣の小径という観光スポットとして整備されています。

一緒に行った御前山の陶芸家、菊池弘さんが
若い頃に修行していたところだそうです。


窯垣の小径

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

また新しい一年が始まりました。
皆様とのすてきな出会いが待っていますように!

器而庵は少しお休みをいただき、11日からの営業となります。

茨城県北部はおだやかな晴天が続き、過ごしやすい日々でした。
青空の下、何とはなしに工房の風景を撮ってみました。
手前の木は漆です。
また、おととし切った漆の木の末のほうを薪にしています。


工房


工房と漆

伊勢 長浜

器而庵茶会の翌日早朝、所用で伊勢と長浜に出かけました。

初めての伊勢神宮なのに、ゆっくりできずにあわてて、
特別参拝!
写真は恐れ多くて一枚も撮りませんでした。

夜は琵琶湖の北、長浜へ。

次の日、この前こちらまで遊びに来てくれた北川さんと
山車の修復をしておられる渡辺さんの工房におじゃましました。

大子の漆は使ってますと出していただいたのが、このチューブ。

なんと我々の師匠の写真入ではないですか!
飛田さん知ってるのかな?記念に写真を撮っておきました。


飛田漆


お昼は名物、焼鯖そうめん。
おいしかった。
鯖を煮ただしでそうめんを茹で上げているので、茶色!
日本酒が良く合いました。


焼鯖そうめん


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

PR

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM