Ware Wood Work Blog

Ware Wood Work Blog

うるしフォーラムイン大子 記念植樹

2日目は朝から記念植樹が行なわれました。

この日のために、しので覆われた土地を整備し、
位置決めをし、穴を掘って準備していただきました。

前日に参加された先生方と、町長はじめ町関係者、実行委員、
そして奥久慈漆生産組合の方々が参加して、なごやかに進みました。 

前日の午前中、わかりやすい漆の話をしてくださった
三田村有純先生


記念植樹


村山明先生と、わたくし辻 徹
村山先生は伝統工芸展木竹部会の部会長でもあります。


村上さん


最後に皆さんで記念写真を撮りました。

また10年後、掻き傷のついた木の前で記念撮影できますように
祈っております!


植樹祭



うるしフォーラムイン大子

26日、好天に恵まれて、うるしフォーラムが始まりました。

初日のプログラムを追って、ご案内いたします。

正面入口には、漆を思わせる朱と黒の色を使って看板が立ちました。
その右のガラスの中に漆のオブジェが展示されています。


正面看板


子供のためのワークショップ

地元の漆愛好団体3組が担当して、ワークショップが開催されました。
朝早くから予想を上回る参加者で、熱気にあふれていました。


ワークショップ


開会式、講演

来賓をお招きしての開会式の後、講演が始まりました。
人間国宝、大西勲氏と 茨城ゆかりの美術評論家、外舘和子氏
による基調講演


基調講演


美術評論家、白石和己氏 人間国宝、増村紀一郎氏
人間国宝、村山明氏 大子の漆掻き、飛田祐造氏
そして、器而庵店主としてわたくし辻 徹が参加して
パネルディスカッション


パネルディスカッション


その後、日本漆工協会の丸山高志氏の講演
並行して人間国宝の作品24点を含む、53点の作品が
会場に並び、来場者も真剣なまなざしで見つめておりました。

うるしをキーワードに5000人以上の多くの方々が
この大子町に参集いたしました。
あつくお礼申し上げます。

作品展は会場を変えて、13日まで開催されます。

街かど美術館(器而庵の正面)です。

またこの期間中、器而庵では、ほとんど手にすることのできない
松島さくら子さんと、笹井史恵さんのアクセサリーも販売しています。
本当は私が買い占めてしまいたいぐらい素敵です。

興味のある方はすぐにおいでください。







オブジェ製作

うるしフォーラムイン大子、無事に終了いたしました。

逐一、報告をしたかったのですが、
準備の日の前日に光ケーブルの工事をした後、
ネットに接続できない状態になってしまい、そのままでした。

復旧しましたので、
時間を追ってご報告いたします。

前日の準備も丸一日の作業でした。

まずは画像にあるオブジェの製作。

掻き傷のある漆の木をサークル状に立ち上げました。
この材料の搬入と作業は、飛田さんと岡さんに協力していただきました。

神の依代、生命の依代としています。

そしてその向こうに漆の苗のサークル。
その向こうに、漆の実。

自然の力をいただきながら、
生命の再生とサイクルをきちんとまわしていくことが
漆掻きの大切な仕事であるという表現です。


輪廻転生 漆


輪廻転生 苗

タイトルは

Circle in the Round 2011 〜輪廻転生〜

実は高岡短期大学木材工芸専攻研究生終了作品に
このタイトルをつけていました。
能登半島で発掘された、縄文時代のウッドサークルに
インスパイアされたものです。

会津の漆展覧会でも、造形作家の辻さんが
漆の掻き後はアボリジニを感じさせると言っています。

同級生、北川さんもアフリカのリズムを見いだしました。

私もそう感じます。生命の根源の力が形づくる、
プリミィティブなものを感じてもらえたでしょうか?

残念ながら、2日間限定で、すでに撤去されてしまいました。


日本一の大子御膳

大子御膳

うるしフォーラムイン大子 開催記念

日本一の大子御膳

「器而庵」と、蔵のある割烹「弥満喜」が作り上げる
日本一のコラボ料理を是非ご賞味ください。

・品質日本一の大子漆を使用した器

・地鶏日本一の奥久慈しゃも

・米コンテスト日本一の大子米

奥久慈しゃもと大子米を使った、特上のしゃも丼を
器而庵の栗溜塗りの器にのせて提供いたします。
サイドメニューにも大子自慢の特産品の数々を取り揃えました。

もちろん、この器とお箸はお持ち帰りいただけます。

価格: 内裏膳 14000円 限定15食
     姫膳  12000円 限定30食

期間: 2月26日、27日のみ

申し込み: 蔵のある割烹「弥満喜」 0295−72−0208

先日、打合せの折、試食させていただきました。
しゃも丼は正肉に加えレバーやハツなども入り
こっくりとしたうまみがあります。
ガラのスープや、ゆば、凍みこんにゃくも最高!

食べる価値ありです。
予約はどうぞお早めに!


親子丼

うるしフォーラムイン大子 開催!



うるしフォーラム


日時:2011年 2月26日(土)、27日(日)
会場:大子駅前文化福祉会館「まいん」

茨城県の漆の産地である大子町。

漆に関わる人はもちろん、よくわからない人にも
興味を持っていただけるようなイベントが盛りだくさん。

人間国宝の方々はじめ、多く漆芸作品が鑑賞できます。

パネルディスカッションでは、わたしもパネラーとして参加します。

限定45食、日本一の大子御膳も予約開始!

27日は、百段階段のひなまつりも同時開催。
どうぞこの機会に、大子町、器而庵にお越しください。

日程等詳細は
大子町公式ホームページでご確認ください。


NHK教育取材

暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

個展会期中の大阪もまさに灼熱でした。
慣れないクーラーと、立ちくらむ暑さに参ってしまいました。

暑いとはいえ、朝晩は涼しくなった茨城に帰り、
25日、今度は教育テレビの取材がありました。
漆掻き職人にスポットを当てた、5,6年生向けの道徳番組!
以前NHK水戸のリポート番組でお世話になったプロデューサーが
茨城の漆のことを思い起こしてくれました。すばらしいことです。

夜は一会倶楽部の定例会に呼ばれて、
器而庵立ち上げのお話をさせていただきました。
やはりほとんどの方が大子漆をご存知ありませんでした。
そのあと、非常に個人的な2次会が、とても楽しかったです。
皆様、ありがとうございました。


NHK-E取材

個展のお知らせ

個展のお知らせです。

辻 徹 個 展  木と漆の仕事

会場 大阪 阪急うめだ本店 11階美術画廊
会期 8月18日(水)〜24日(火)

私は初日18日と、土日21日22日には会場におります。
どうぞお立ち寄りください。


大阪個展


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

PR

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM